読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界人類救済ブログ。

豚の角煮から世界情勢まで幅広く情報配信いたします。

BAKA?

バカとはまとを得た言葉である。

馬、鹿と書いてバカっていうのは、

正直彼らサイドからすれば完全な巻き込み事故だが、


音、つまり響きがまとを得てる。


イタリアで「BAKA?」と言っても多分伝わる。

その場で殴り倒されて、ピザの上の熱いトロトロなチーズをかけられて地獄を見るであろう。


それぐらい、なんとなく伝わる凄い言葉なのである。


奈良の鹿には悪いけど、

その「バカ」を1万回言いたくなるようなやつとのやり取りが最近続いて、

カッパみたいにハゲそうで心配なのである。


もともとバカなのは知ってたけど、

まさかここまでバカというかアホなレベルまで昇華されているとは気づかなかったのである。


まさに偏差値で言うと17ぐらいだ。


まず、こっちが丁寧にわかりやすいようーに(おバカさんでも分かりやすいように)文書を作ってLINEで送った。


それに対して戻ってきたのが





「??」





のみである。





















意表を突かれると人はパニックに陥る。


「もしかして、日本語が分からないやつだったのか?本当は日本人ではなく1ヶ月前に亡命してきて、驚異的な速度で日本語をマスターし今のポジションを作ってきた。ただ、さすがに1ヶ月だったので、文字はまだ書けないのか!!?」


とか


「この一瞬の間に、UFOに連れ去られ、まるっとこの30分の記憶を抜き取られたのか?!!!」とか。



一瞬で走馬灯のようにあらゆる可能性が頭を駆け巡った。



でも彼のfacebookには昔から日本人の友達がいるようだし、

LINEのやり取りも30分前のものはある。


頭によぎった可能性は消去法により消し去られた。



他いくつかの可能性も同時に浮かんだがいずれも該当しない。



超高速回転で思考した私の脳は1つの答えに到達した。


この間全ての工程をふくめても、わずか2秒ほどだったであろう。


あらゆる可能性が消去され残ったのが、


「バカ」


という仮説のみだった。



大いなる安堵感とともに、怒りがじわじわ脳天に登ってくる。


こいつはミトコンドリアのくせに、

ほぼ釈迦の位置にいる俺様の超高性能な知能(IQ800万)で思考した超理論的かつ合理的、緻密な美しくもありそして切ない文、いわゆるセンテンスを

ミトコンドリア脳で1秒しか考えず、


「??」


で返したのである。



北(北朝鮮)であれば、即刻処刑。


ラピュタをのっとったムスカであれば、

すごいビームみたいなやつをテレビでは1回だけだったけど、あれを10回連続ぐらいでやるだろう。


アメリカあたりでも禁固18年といったところが妥当である。


しかし、ここは日本であるし、

超宇宙的ガンジー力(がんじーりょく)を持つ絶対的存在の i  つまり私であるため、

彼は生命を維持できている。



日本は幸せである。


よって憲法9条は守り抜かねばならない!



そういうスケール感のある、世界平和の話でした。