読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界人類救済ブログ。

豚の角煮から世界情勢まで幅広く情報配信いたします。

『変なはなし』

今、代々木八幡の隠れ家的カフェで一杯やってるのだが、隣のテーブルの男3人の会話が面白い。

 

おそらく飲食店企業、おそらく複数店舗経営の会社の社長と幹部と店長の3人。

 

色々と社長が話してる。

 

『変な話さ、会社ってさ、やっぱりwmJybptmbptmkptwkqtwm◯◯◯』

 

頷く幹部。

 

続ける社長。

 

『けど、変なはなしさぁ、これだけはやっぱり決めといた方がいいと思うだけどさ、ホニャララホニャララホニャララホニャララ』

 

頷く幹部、頷く店長。

 

『まー、変なはなし、うち、路面店じゃん?ホニャララホニャララホニャララホニャララホニャララ』

 

(変なはなし、って何回この人言うんだ?)

 

『いやいや、変なはなしさぁ、これは、譲れないポイントみたいなの誰しももってるじゃん。ホニャララホニャララホニャララ』

 

頷く幹部と店長。

 

店長が口を開く。

 

『変なはなし、僕今、入社して2年目じゃないですか。◯◯◯◯◯◯◯◯◯』

 

(こ、こいつもなのか??!店長にもしっかりと伝染っている!!恐ろしい感染力!しかも、やっぱり内容が全然変なはなしじゃない!)

 

 

途中で店出てきたけど、変なはなしって何回言ったかちゃんと数えておけば良かった。